北アルプス写遊倶楽部HOME >> 最新撮影ガイドプラン「秋」 >> 「錦秋の栂池と、紅葉の雨飾山麓」撮影会 Last Update :  2010.09.29


北アルプス写遊倶楽部 特別開催 『錦秋の栂池』、『紅葉の雨飾山麓』 撮影会 参加募集中!

2009年 「高層湿原の鮮やかな秋」 と 「幽玄なブナの森の秋」 を堪能しませんか!

Plan 1

秋色モザイクをちりばめた栂池自然園をメインに、撮影会開催します。

◎ 開催日:10月2日(土)〜4日(月) 2泊3日 − 申込締切:9月30日(木) 定員:8名/最少催行人数  1名
       >> 11泊2日でのご参加も可能です。(お問い合わせください!)
 

◎ 開催日:10月9日(土)〜11日(月) 2泊3日 − 申込締切:10月7日(木) 定員:8名/最少催行人数 1名
       >> 1泊2日でのご参加も可能です。(お問い合わせください!)

◎ 上記開催日の他  >> 撮影地にカメラマンが少ない平日開始プランがお勧め!。(お問い合わせください!)

※上記 開催日指定プランは、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。
※ >> 参加者が8名を越える場合も対応可能です!。(お問い合わせください!)
宿泊:白馬村 「カントリーイン かしわばら」 2名〜4名の相部屋となる場合があります。

日程詳細は、>> 秋の撮影ガイドプランをご覧ください!

>> ガイド料金は、ここをクリックしてご覧ください!
 

栂池自然園は標高約1,900〜2,000メートル付近に広がる国内有数の高層湿原です。春の水芭蕉群生に始まり、 夏には数百種類の高山植物が楽しめます。現在は湿原の植物が秋色に染まり始めています。例年ですと、 9月下旬頃から樹木の紅葉が始まります。ダケカンバやナナカマドの赤が園内を彩ります。

楠川から奥は木道がない、登山道的な場所があります。天候によっては、ぬかるむことがありますので、濡れにくい靴・ 滑りにくい靴を選んでいただいたほうが、安心して撮影できます。

栂池自然園へは、栂池高原よりゴンドラとロープウェイを乗り継いで行きます。所要時間は乗り継ぎの時間を含め約40分です。 白馬三山や鹿島槍ヶ岳、白馬の街並みなどが見られ空中散歩が楽しめます。
運行予定期間:5/20〜11/4 上り始発:AM8:00 下り最終:PM4:40
 ・パノラマウェイ料金(ゴンドラ+ロープウェイ) + 自然園入園料 = 割引価格 2、950円 (ナビゲータ分共別途ご負担ください)

通常自然園1周約3〜3.5時間ですが撮影ですのでこの倍くらいの時間を予定しています。
楠川から浮島湿原までの登りがちょっとキツイですがゆっくり登れば大丈夫です。

天候が良ければ最奥部の展望湿原まで行くと白馬大雪渓と紅葉のコラボレーションが撮影できます。

 

関係Link
>> 栂池自然園便り(現況レポート)
>> 小谷村栂池自然園情報(自然園ライブカメラ有り)
>> 栂池自然園MAP(小谷村HP掲載)
>> パノラマウェイ(ゴンドラ、ロープウェイ)

Plan 2

紅葉の雨飾山麓 鎌池、湯峠をメインに、乙見山峠も撮影します。

◎ 開催日:10月16日(土)〜 18日(月) 2泊3日 − 申込締切:10月14日(木) 定員:8名/最少催行人数 1名
       >> 1泊2日でのご参加も可能です。(お問い合わせください!)

◎ 開催日:10月23日(土)〜 25日(月) 2泊3日 − 申込締切:10月21日(木) 定員:8名/最少催行人数 1名
       >> 1泊2日でのご参加も可能です。(お問い合わせください!)

◎ 上記開催日の他  >> 撮影地にカメラマンが少ない平日開始プランがお勧め!。(お問い合わせください!)

※上記 開催日指定プランは、先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。
宿泊:白馬村 「カントリーイン かしわばら」 2名〜4名の相部屋となる場合があります。

日程詳細は、>> 秋の撮影ガイドプランをご覧ください!



>> ガイド料金は、ここをクリックしてご覧ください!
 

新潟県糸魚川との県境に位置する雨飾山の山麓は、ブナを中心とした鬱蒼とした森が、一面の黄葉や紅葉で見事に染まります。

撮影の中心地となる鎌池は、標高約1200mに有り池の形が草を刈る鎌の形に似ていることから名付けられたと言われています。
池の周りには、ブナの大木が群生し静かな雰囲気が漂っていますが紅葉の時期になると県外からも多くのカメラマン、観光客が訪れその色彩に目を奪われます。
鎌池には一周2kmの遊歩道がありますが天候によっては、ぬかるむことがありますので、濡れにくい靴・ 滑りにくい靴を選んでいただいたほうが、安心して撮影できます。

湯峠からは、大渚山周辺の紅葉と晴れていれば北アルプスの山並みを遠くに望むショットを撮影する事ができます。

乙見山峠への林道周辺には、ブナの大木の森がつづき紅葉の赤との対比が鮮やかです。
晴れていれば峠からは、紅葉の谷の向こうに北アルプスの山並みを入れたショットも撮影する事ができます。

通常鎌池1周約40分ですが撮影ですので2〜2.5時間くらいの時間を予定しています。
鎌池の撮影を早々に済ませ湯峠、下へくだって乙見山峠までの林道をじっくり撮影する予定です。

鎌池のブナの原生林、国内屈指のブナの森がつづく乙見山峠までをじっくり味わってください。
天候によっては、紅葉に雪化粧が見られる事も・・・?。車からあまり歩きませんので、撮影しやすいプランです。

 

関係Link
>> 小谷村 観光のページ
>> 雨飾山周辺MAP(小谷村HP掲載)
>> 雨飾山情報(小谷村HP掲載)
>> 道路情報(小谷村HP掲載)

Plan 詳細(Plan1とPlan2の違いは、2日目です)
1日目午後 −白馬山麓青鬼撮影−
コスモスと八方尾根と不帰嶮 棚田と北アルプス
▲コスモスと八方尾根と不帰嶮 ▲棚田のバックには、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳が連なる
Plan 1   2日目 −栂池自然園撮影−
ゴンドラを降りると一面の紅葉 ロープウェーに乗り換え自然園駅に到着
▲ゴンドラを降りると一面の紅葉 ▲ロープウェーに乗り換え自然園駅に到着
白馬大池への登山道から自然園全体を一望 わたすげ湿原近くから白馬岳を望む
▲白馬大池への登山道から自然園全体を一望 ▲わたすげ湿原近くから白馬岳を望む
紅、黄、緑のコントラストが美しい わたすげ湿原
▲紅、黄、緑のコントラストが美しい ▲わたすげ湿原
楠川からの紅葉 浮島湿原からの白馬岳
▲楠川からの紅葉 ▲浮島湿原からの白馬岳
浮島湿原 青空が池塘に映る
▲浮島湿原 ▲青空が池塘に映る
Plan 2   2日目 −雨飾山麓と乙見山峠撮影− (2日目のプランが替わります)
つぶれ池からの雨飾山 根曲がりブナが見られる鎌池
▲つぶれ池からの雨飾山 ▲根曲がりブナが見られる鎌池
鮮やかな紅葉が映る鎌池 鎌池の定番ショット
▲鮮やかな紅葉が映る鎌池 ▲鎌池の定番ショット
楓も鎌池をバックに色づく ブナと黄葉
▲楓も鎌池をバックに色づく ▲ブナと黄葉
ブナの黄葉 乙見山のブナの森
▲ブナの黄葉 ▲乙見山のブナの森
乙見山峠からの大渚山 乙見山峠からの北アルプス白馬岳周辺
▲乙見山峠からの大渚山 ▲乙見山峠からの北アルプス白馬岳周辺
3日目午前中 −黒菱林道からの日の出、松川上流の紅葉撮影−
黒菱林道からの日の出 白馬三山が赤く染まる
▲黒菱林道からの日の出 ▲白馬三山が赤く染まる
松川上流部の紅葉 松川上流ブナ林
▲松川上流部の紅葉 ▲松川上流ブナ林

※天候および撮影地の状況により変更となる場合があります。
※別途旅行保険に、ご加入いただきます。(保険料500円から)

北アルプス写遊 倶楽部

 
▲ ページトップへ戻る >> HOME >> 最新撮影ガイドプラン「秋」 >> 「錦秋の栂池と、紅葉の雨飾山麓」撮影会
当サイトについてのお問い合わせは、こちらへお願いします!