「北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館」へ戻る

« 4月になって | メイン | 居谷里湿原のアオザゼンソウ »

2006年04月08日

いつになったら・・・

長野県でも南信の飯田から桜の開花の便りが聞こえて来たと言うのに、北アルプス山麓は、朝からアルプス颪の強風とみぞれまじりの雨が降っていてこの時間には、とうとう雨が完全にアラレと変わってしまった。

 「いや〜ぁ。4月になってもいつまでもいつまでもさぶいね・・・。」 と言うのが北アルプス山麓のこの頃の挨拶となっている。

 いつもの年なら4月に入るともっと春らしい気候となり春の花のつぼみも大きく膨らんで来てうらら、うらら・・・と言うようになっているはずだがいったい今年は、どうなってしまったのだろうか・・・?

 昨年、暮れから正月にかけてのものすごい豪雪!、その後 例年並の気候に戻りあまり雪も降らなくてこのまま順調に春が来るのかと思っていたのだがどうやら異常気象の延長戦になってしまっているようである。
この分で行くと北アルプス山麓の桜の開花は、気象庁予報を大きく外して25日ころになるのではないかと個人予想をしている昨今である・・・。

地球が温暖化現象で気候がますます狂って来ているように思う。
さて、われわれ地球人は、如何に対処すればいいのだろうか・・・?
大きな事をやろうと思っても個人ではできないのでコツコツと省エネして二酸化炭素の排出を減らすより方法がないだろう・・・。


開花が待ち遠しい「桜の郷」の写真

投稿者 kitaalps36 : 2006年04月08日 18:15

コメント