「北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館」へ戻る

« いつになったら・・・ | メイン | 春は、南から駆け足で・・・ »

2006年04月14日

居谷里湿原のアオザゼンソウ

北アルプス山麓は、相変わらずず〜っと天気が良くないです。
晴れるまで待っていられないのでこの所ちょっと話題になっているアオザゼンソウを捜しに居谷里湿原に行って来ました。

地元新聞に、写真が載ったので大体の場所が解っていたが数が少ないだけ捜すのは、苦労しました。
湿原を2/3周してアオザゼンソウらしきものを4つ見つけましたが2つは、赤みが混じっていてハーフのようです?


アオザゼンソウ (遠くにありこの大きさに写すのが限界)


アオザゼンソウ (これも遠くにありこの大きさに写すのが限界)

下二つがハーフとおぼしきザゼンソウ

0604130134-450.jpg
これらは、いずれも比較的写しやすい遊歩道沿いにありました。

アオザゼンソウは、ザゼンソウの仏炎苞(外側の赤褐色の部分)の色変わりで黄緑色をしたものをアオザゼンソウと言う。白が強いものから緑の濃いものまで様々だそうだが、まとめてアオザゼンソウと呼ばれている。
その数は、居谷里湿原に自生する数万株のザゼンソウのうち10株足らずしかないと言われているほど珍しいらしい・・・。
毎年同じ場所に咲くと言われているが数が少ないだけに、始めてアオザゼンソウを捜し出すのは、困難を極める。また、緑色をしているので葉が大きくなってしまうと更に見つけにくくなりまだ緑の少ない雪融けしたばかりのこの時期しかないようである。

お宝は、簡単に見えないところがいいかもしれませんね・・・。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

投稿者 kitaalps36 : 2006年04月14日 18:24

コメント