「北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館」へ戻る

« アクセス数減少・・・ | メイン | さくら前線北上中! »

2007年03月27日

日本の桜が危ない!


<桜の郷 今年は、4月15日ころ開花か???>

3月25日(日) の夜めずらしくテレビを見ていましたらPM11:30から長野朝日放送で「素敵な宇宙船地球号」と言う番組が放送されていました。
おそらく朝日放送系テレビで全国放送されていたと思いますので見た方もおられたのではないでしょうか?

その日のタイトルは、「さくら前線異状あり」 〜日本から“春”が消える日!?〜  と言ったもので日本の桜(ソメイヨシノ)が地球温暖化によりかなりのダメージを受けていてこのまま温暖化が進むと咲かなくなってしまうのではないかと言う事でした。

朝日放送の番宣HP
「素敵な宇宙船地球号」ここが見どころ

team-6_12060.gif

詳しい番組の内容は、上記HPをご覧いただけばわかると思いますが日本に春の到来を告げる桜、誰もが開花を待ち望んでいる桜が地球温暖化により様々な異変が起きているそうです。

P4240064-450.jpg
<爺ヶ岳が見える桜の郷>

桜は、冬の低温が続くことではじめて、春、正常に花を咲かせることができるのだそうです。
知っていましたか?。私は、知りませんでした。しかし、よく考えると桜ばかりでなく秋の紅葉だって冷え込みがないと真っ紅くなりませんよね!。
今年の冬は、信州北アルプス山麓も異常な暖冬で雪も少なくいつものような冷え込みがないおかしな冬でした。
植物の生育は、気候に左右されるのですから異常な暖冬が植物に与える影響があってもおかしくないと納得でした・・・。

温暖化やヒートアイランド現象で年々、気温が上昇し空気が乾燥して桜の樹の抵抗力を弱めるそうです。
抵抗力がなくなると病気になってしまうそうですよ!。人間と同じですよね。
最近病気になり枯れてきている桜見た事ありませんか!?。
昔からある年老いた桜ほど傷んでいますよね・・・。
我が町信濃大町にも昔から素晴らしい桜並木がいくつかありましたがケッコウ傷んでいる桜を見かけます。すべてが温暖化の影響だけでなく手入れ不足があると思いますけどね・・・。
昔から「桜切るバカ、梅切らぬバカ」なんて言われていますが桜だって病に侵されたところは、ちゃんと治療しなければ全体に病気が回って枯れるのは、当たり前ですよね!。

このまま温暖化が進むと桜にとっては、いや、温暖化がすでに進んでしまった今でも桜には、住みやすい場所ではなくなっているそうです。
このまま“日本の桜”は、滅びちゃうのでしょうかね・・・。日本人の心の象徴の桜を永久に、咲かせて行きたいですよね・・・。

えらい学者さんや桜を管理している行政まかせにしていて大丈夫でしょうか?
温暖化が日々進んで行く今、私たち庶民に出来る事は、ほんのわずかでもそれぞれが温暖化の原因となっているCO 2削減のための”ガマン”する事しかないでしょう・・・。

チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化

投稿者 kitaalps36 : 2007年03月27日 10:46

コメント