「北アルプス山麓写真館 / 自然風景壁紙館」へ戻る

« 今度は、レンズが・・・頭いた〜っ! | メイン | 今年の高瀬渓谷紅葉 »

2011年03月20日

東北関東巨大地震について・・・

2011年3月11日(金)に発生した国内観測史上最大のマグニチュード9.0の東北地方を中心とした巨大地震により、被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。一日も早く支援の手がすべての皆様の所へ届く事と復興をお祈り申し上げます。
また、福島第一原発における事故が一日も早く安全に終息する事を心よりお祈り申し上げております。


【春は、必ず来る】

さて・・・
地震発生時には、私は群馬県での所用を済ませ帰宅に向かって上信越道の高速道路上におりました。藤岡ICから乗ったのが午後2時半ころで横川SAで休憩を取ってから帰宅しようと考えて運転していたところカーナビに突然 『経路変更されました。』 と表示され次の松井田妙義ICで下道へ降りるよう指示が出ました。今までこんな表示が出た事がなかったのでどうした事かよく分からなかったのですが松井田妙義ICへ近づくと電光掲示板に、『この先全面通行止』 と表示が出ており半信半疑ながら素直に指示にしたがい同ICで一般道へ降りました。(表示を無視してそのまま直進して行った車も何台かありましたがあの連中は、先どうなっちゃったのでしょうねぇ〜?)

つづきは、後ほど・・・

ちょっと間があいてしまいましたが・・・つづきを
松井田妙義ICでETC出口を出ますとすぐ先の一般道との交差点の信号が消えていて・・・あれ〜どうしたのかと不審に思いましたがナビにしたがい先へ進むしかないので軽井沢方面へ向かってしばらく進んで行くとコンビニがありトイレ休憩もしたかったし情報も仕入れたかったので寄って見ると店内の電気は消えて只ならない様子でした。どうしたのかと聞いて見るとたった今大きな地震がありかなりゆれて停電になったとの事! 棚の商品も落ちて片付けましたと聞きこれは、えらい事になったかな???と不安になりました。
他のドライバーに聞きますと運転していて変なゆれを感じたと言っていましたが上信越道を運転していてまったく何も感じなかったのであれ〜そうだったんですか!としか言えませんでした。後で聞きましたら群馬でも震度5〜6くらいあったようですので何もなくて良かったと恐ろしくなりました。

とにかく帰らなくちゃならないので碓井バイパスのつづら折れの道を登り軽井沢へ出ましたが群馬県側の信号は、すべて消えていて店舗も停電で真っ暗になっていました。軽井沢からは、信号もちゃんと動いていてコンビニなどもいつも通りで地震などなかったようでした。

しばらく進むとナビが佐久インターへ進むよう指示して来ましたがかなり戻されるので小諸ICから上信越道へ戻る事としましたがETC入口は、閉鎖されていましたので一般入口から入り長野道経由で豊科ICで降り無事帰宅できました。

途中で何度も携帯電話で家に待つ家族に連絡しましたがまったく接続できなくこれは、相当な事になっていると心配しましたが帰宅後に聞くと東北でスゴイ被害が出ていると知り無事帰宅できて本当に良かったと改めて思いました。

まだ東北では、支援の手が届かない所や原発事故で強制的に移転させられている皆さんがおり一日も早い地震災害復旧がなされる事と原発事故がこれ以上ひどい事にならない事を祈るばかりです。

投稿者 kitaalps36 : 2011年03月20日 12:39

コメント